読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニヲタが知っておくべき新三大「関西の死神 吉岡廉の魅力」

皆さまは関西ジャニーズJr.の吉岡廉くんをご存知でしょうか。

1998年生まれの18歳、高校3年生の2012年入所の関西ジャニーズJr.なのです。

f:id:oshirukozenzai:20170218221114j:image

今夜はそんな吉岡廉くんについてご紹介。
題して
「新三大 関西の死神 吉岡廉の魅力」です。

 

まず有権者の方々に訴えたいのは吉岡廉くんは一見悪そうな男であるということ。(失礼)かなりポーカーフェイスで笑い方もニヒル。特技は日本2位になったことのあるボクシング、ステージ上ではベースなんか弾いちゃってるもんだからイケイケチャラチャラな悪い男のイメージが染み付いてしまっているのであります!

 しかし、そんな廉くんのイメージを払拭する出来事が2016年の春松竹にて起きたのであります。それは桜曲メドレーの最中に観劇中の友人が息絶え絶えに呟いたのです。

「吉岡廉が…風雅ちゃんと…戯れてる…」

大西風雅ちゃんというのは入所したばかりの13歳の可愛らしい男の子。

f:id:oshirukozenzai:20170218222720j:image

双眼鏡でその様子を覗くと風雅ちゃんと向かい合って暖かい目で微笑みながら一緒に踊る吉岡廉くんの姿がありました。それはまるでヤンキーが放課後捨て猫にご飯をあげているみたいだったのです…

強面イケメンに見えて意外と面倒見がよいということが見え隠れする出来事だったのであります。

というわけでこれを、「新三大 関西の死神 吉岡廉の魅力」の一つとさせていただきます。

 

次に有権者の皆さまに訴えたいのが、ボクシングもやるニヒルなイケメン吉岡廉くんのイメージを大きく変えるエピソードが2016年のTVfanでの関西ジャニーズJr.の連載「めちゃかん」にて明らかになったということなのであります。

その回の記事は吉岡廉くんと大谷怜爾くんの対談。

f:id:oshirukozenzai:20170218224322j:image

大谷怜爾くんは吉岡廉くんと同い年。勉強が得意な可愛らしい感じの関西ジャニーズJr.です。この二人が仲が良いというのは知っていたのですが衝撃的だったのが

「廉は3時間遅刻しても待っててくれる」

という記事だったのであります!!!

「廉が3時間遅刻しても待ってる」ではなく「廉は3時間遅刻しても待っててくれる」のです!!Rhen was waiting for Reiji three hours.なのです!!なんと言う!!!なんと言う優しさ!!!怜爾くんが寝坊して3時間待ち合わせに遅れても待っている男、吉岡廉なのであります!!

 ポーカーフェイスイケメンなのに優しさを併せ持つまるで少女マンガに出てくるような奴だったこの件を「新三大 関西の死神 吉岡廉の魅力」の一つとさせていただきます。

f:id:oshirukozenzai:20170218233840j:image

 

最後に、有権者の皆さまに訴えたいのが吉岡廉くんがあの国民的マンガのキャラクターに似ているということなのであります。さっき言ってた少女マンガに出てくるみたいってこと?とお思いの方々。いやいや、そうではありません。

その事件が起きたのは2016年の松竹座で行われたX'masShowなのであります。

日替わりMCで呼ばれた吉岡廉くんはメインメンバーに「アレ?廉、デスノート出てた?」と言われ「それはレムやな」と答えたのです。

そう、吉岡廉くんはデスノートのレムにクリソツなのです!

f:id:oshirukozenzai:20170218234347j:image

少し面長の顔、長すぎる手足、猫背、そして少し細身の腰!!!まさにレムなのであります!!それからTwitter上では「死神」とか「吉岡レム」とか「目を交換したらJr.の寿命が見えるようになる」とかいう呟きが多発。瞬く間に吉岡廉はレム問題が広まったのでした。

この公演では西畑大吾くんがパフォーマンスするSexyZoneの「ghost」という曲のバックについていた吉岡廉くん。ハリーポッターの吸魂鬼のような衣装を纏いまさに死神のようだったのです。ちなみに、吉岡廉くんは元気よく踊るポップな曲よりもガツガツ踊るかっこいい曲の方が魅力的なので是非チェックして頂きたいです。

さて、そんな吉岡廉くんなのですが同世代の括り通称DK組とダンスパフォーマンスをするだけでなくバンド組も掛け持ちしベースも弾いております。2016年には炎の体育会TV(TBS系列) でも地上波でお茶の間に姿を現し、得意なボクシングを披露することであの鬼教官KAT-TUN上田竜也監督にも気に入られているのです!

f:id:oshirukozenzai:20170218235159j:image

これからも活躍の場を広げてくれることを期待しております。皆さま、ご静聴ありがとうございました。

 

(筆者は吉岡廉担ではないのですがめちゃくちゃ語ってすみませんでした。)