読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『お兄ちゃん、ガチャ』と乙女の沼

 

 「沼」。それは好きで好きでハマって抜け出せないことを意味するオタク用語である。金銭と時間をつぎ込み、人生を捧げるてしまう趣味を、底がなく、ずぶずぶと沈んでしまう沼に例えた表現である。現在放送中のテレビドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(2015/日本テレビ)ではその「沼」にハマり、「沼」に救いを求める女性が暗喩表現されている。

 『お兄ちゃん、ガチャ』が放送されている日本テレビの土曜深夜枠(注1)は『私立バカレア高校』(2012)以来、ジャニーズタレントを主演とした作品を放送してきた。12作品目となる本作は7作品目の『49』(2013)と同様、野島伸司が脚本を務めている。12作品続いてきたこのドラマ枠でも『お兄ちゃん、ガチャ』は異色である。1作品目の『私立バカレア高校』でジャニーズJr.とAKB48のグループ単位での共演が話題になったように、この枠での多くのドラマはジャニーズタレントとAKB48乃木坂46といった女性アイドルや若手女優と共演することが多い。また、作品の内容も『スプラウト』(2012)や『Piece』(2012)のような少女マンガのラブストーリー、『BAD BOYS J』(2013)や『仮面ティーチャー』(2013)といった少年マンガの不良もの、オリジナル作品においても『私立バカレア高校』(2012)や『49』(2014)のように学園もの青春ものが主である。つまり、現実世界を舞台にしている。

  『お兄ちゃん、ガチャ』はタイトルの通り、ガチャガチャでお兄ちゃんを引き当てる話である。小学生の少女・ミコ(鈴木梨央)は自由奔放な母に家事全般を任され、冷たい姉や凶暴な弟と手のかかる妹との生活にうんざりしていた。そんな冴えない現実を打破するため、ゲームセンターのお兄ちゃんガチャを試してみる。お兄ちゃんガチャは引くのに一回500コイン。契約するまでのキープは週1000コイン。最終的にひとりのお兄ちゃんと契約することができる。ガチャガチャのカプセルに入っている入浴剤のようなものを、一晩浴槽につけるとお兄ちゃんになる。お兄ちゃんはランク付けされており、ほとんどは外れのワッキー(ペナルティー)か田中(アンガールズ)であるが、AランクやSランクといったかっこよくて、優しくて、能力の高いお兄ちゃんがいる。自分の好みではないお兄ちゃんを引いた際や、契約をしないときは返品ができる。お兄ちゃんはピンクのボックスに入れられ、煙を浴びせられると跡形もなく消える。ミコが初めて引いたガチャはSランクのお兄ちゃんトイ(岸優太)であったがミコのお兄ちゃんになりたくないと言い出す。そして、トイはミコにぴったりのお兄ちゃんを探してくれることになる。

 映像は「メルヘン」で「ファンタジー」である。現実世界とは大きく異なるレトロでポップなビジュアルの世界で、セットやCGを駆使し、かわいらしい世界観を作り出している。また、車が突っ込んできたり、アクションのように映像化するのにお金や手間のかかる演出をイラストや効果音を用いて表現しており、低予算の深夜ドラマを逆手にとっている。ミコと同じバレエ教室に通うお嬢様、蛇崩ナツコ(木内舞留)のキープしている5人のAランクお兄ちゃんたち、通称お兄ちゃんズが劇中突然歌い踊り出すミュージカル的な演出が行われており、深夜ドラマのヌーベルヴァーグといっても過言ではないセンセーショナルな作風である。

 ビジュアルはゲームセンターの「ガチャポン」であるが、オンラインゲームの「ガチャ」の要素も含まれている。何が出るか分からず自分の納得いくものが出るまで引いてしまう、金銭をつぎ込むという点で「沼」を彷彿とさせる。またお兄ちゃんは返品することができ、消費される少年たち、つまりアイドルであるジャニーズを指し示している。ナツコは第2話にて「彼氏も夫も所詮は他人だけど、お兄ちゃんは永遠で不変。大人は汚い。(注2)わたしはピュアでプラトニックでいたい。」と言う。お兄ちゃんは永遠、それはどんなに我儘を言ってもどんなに自分をさらけ出しても受け入れてくれる、お兄ちゃんに嫌われることはないという解釈ができる。お兄ちゃんとはセックスをしない、性的な目で見られることのない存在、ピュアでプラトニックだ。第1話において家族とうまくいかないミコは「非日常の世界、ファンタジーを自由に泳いでみたい!」と泣きながら訴える。日常に疲れ果て、現実の男性に苦手意識もしくは嫌悪を感じる女性たちの非日常のファンタジー、それは「沼」である。ジャニーズなどのアイドルやヴィジュアル系バンド、アニメやBL、テニミュ(注3)など二次元作品の舞台化ミュージカル、フィギュアスケート、宝塚に至るまで「沼」は女子の非日常、ファンタジーの世界である。

 このドラマ枠の全作品の主演がジャニーズであることから視聴者ターゲットは絞られている。つまりリアルに絶望し、「沼」にハマっている女子たちである。女性アイドルや若手女優ではなく、性的対象とならない子役がヒロインであるのもファン心理に優しい。ガチャで引かれたお兄ちゃんたちは妹に気に入られようと必死に一生懸命尽くしてくれるが、ミコの引いたトイは違う。ミコにだけ優しくないのである。野島伸司はトイに女子を沼から救う鍵を託しているように思う。(2043字)

 

(注釈1)

土曜深夜(日曜未明)0:50〜1:20

私立バカレア高校 (2012年4月〜6月)

 主演:森本慎太郎 島崎遥香

スプラウト (2012年7月〜9月)

 主演:知念侑李 森川葵

・Piece (2012年10月〜12月)

 主演:中山優馬 本田翼

・診療中 (2013年1月〜3月)

 主演:稲垣吾郎

BAD BOYS J  (2013年4月〜6月)

 主演:中島健人 橋本奈々未

・仮面ティーチャー (2013年7月〜9月)

 主演:藤ヶ谷太輔 大政絢

・49 (2013年10月〜12月)

 主演:佐藤勝利 山本舞香

・SHARK  (2014年1月〜3月)

 主演:平野紫耀 山下リオ

・SHARK〜2nd Season〜 (2014年4月〜6月)

 主演:重岡大毅

近キョリ恋愛〜Season Zero〜 (2014年7月〜9月)

 主演:阿部顕嵐 石原杏奈

・平成舞祭組男 (2014年10月〜12月)

 主演:舞祭組

・お兄ちゃん、ガチャ (2015年1月〜)

 主演:鈴木梨央 岸優太

 

(注釈2)

「大人は汚い」という表現は野島伸司作品の『49』でも用いられている。

 

(注釈3)

ミュージカル『テニスの王子様』の略称。イケメン若手俳優たちが2次元キャラクターを演じる2.5次元ミュージカルの元祖。